石牟礼道子

評伝が読売文学大賞を取ったと知り、取り寄せて連休の一日に読もうとしていたら、その読売新聞で訃報を知る。

山間の部屋に一日こもり、ひたひたと読みふける。